シルクロードの遺産・手織り絨毯
歴史色と染め織りサイズ文様産地メンテナンス
HOME
ペルシャ絨毯の歴史
ペルシャ絨毯の色と染め
ペルシャ絨毯の織り
ペルシャ絨毯の魅力
ペルシャ絨毯のサイズ
ペルシャ絨毯の文様
ペルシャ絨毯の産地
絨毯のお手入れ方法
コーディネート例
お洒落な家具お探しの方は、
こちらを見て下さい。
輸入家具・カントリー家具・インテリア販売 いい家具ネット
ペルシャ絨毯の文様

 「ペルシャ絨毯文様とモチーフに込められた、遊牧民族の憧れと願い

遊牧民族が織り継いできたオリエンタル絨毯には、数々のモチーフを使った様々な文様が見られ、その独特の味わいと優雅なデザインは、現在のペルシャ絨毯の人気の理由のひとつといえます。しかし彼らは絨毯を美しくするためだけに、文様をちりばめたのではありません。水や緑への憧れ、そして天上の美と永遠の生命への願い。絨毯文様は、絨毯文様は、遊牧民族が心に思い描いた「楽園」のイメージが具象化されたものなのです。草原を駆け、砂漠に眠る遊牧民にとって、絨毯は、唯一くつろげる「安らぎの大地」であったのかもしれません。

絨毯の部位名称
絨毯文様に使われる様々なモチーフ
 「ペルシャ絨毯の表面を彩る文様は、大きく分けてふたつ

●定住遊牧民の生活を表す植物文様

オアシスに定住した遊牧民族の暮らしぶりを表現しているとされるのが植物文様。この絨毯デザインは、曲線的で優美なものが多く、モチーフも多数。また、その文様構成は、かなり複雑なものとなっています。現在では、イランを中心とした西アジア一帯で数多く製作されています。

●遊牧民の伝統を表す幾何学文様

移動を繰り返す遊牧民族の間で古くから織られていた文様には、垂直、水平、斜め方向など直線が多く用いられていました。これは移動生活が精密な織機をもつのに適さなかったためで、その文様構成も比較的単純なものとなっています。現在では、この文様の絨毯はアナトリアやコーカサスを中心とした地域で織られています。

 「地域によって様々に違うオリエンタル絨毯の文様構成

●ペルシャ絨毯の代表的なデザイン、「メダリオン・カーペット」(植物文様)

センターに円形または楕円形を配し、縁にボーダー文様を施した絨毯がメダリオン・カーペット。このデザインが最初に使われたのは15世紀、ブックカバーのデザインとしてでした。16世紀サファビー朝ペルシア時代、絨毯のデザインとして使用され始めてからは、曲線的で優美なものが増え、複雑なデザインのものが多くなっています。そのバランスの良さからペルシャ柄の代表的なパターンのひとつとして広く知られ、イランを中心とした西アジア一帯で多く製作されるようになりました。

●遊牧民の伝統を表すデザイン「幾何学模様カーペット」

垂直、水平、斜め方向など直線が多く用いられた比較的単純なデザインのもの。パターン化して配されたいくつものモチーフと、華やかな色使いが生み出すその美しさは、遊牧民が生んだ一枚の芸術品といっても過言ではありません。現在では、アナトリアやコーカサス地方を中心に多く製作されています。
もっといいインテリア探検
輸入家具-カントリー家具-クラシック家具-白家具-直輸入ソファー-和家具・民芸家具-ラタン・籐家具-アジアン家具
ペルシャ絨毯-国産シリーズ家具-ウイスキー樽家具-ガーデン家具-郵便ポスト-暖炉-輸入照明-有田焼-ロココ調家具
Copyright(C)2004 M.ITO All Rights Reserved
画像、イラスト、文章等の無断複製・使用・転載を禁じます。