シルクロードの遺産・手織り絨毯
歴史色と染め織りサイズ文様産地メンテナンス
HOME
ペルシャ絨毯の歴史
ペルシャ絨毯の色と染め
ペルシャ絨毯の織り
ペルシャ絨毯の魅力
ペルシャ絨毯のサイズ
ペルシャ絨毯の文様
ペルシャ絨毯の産地
絨毯のお手入れ方法
コーディネート例
お洒落な家具お探しの方は、
こちらを見て下さい。
輸入家具・カントリー家具・インテリア販売 いい家具ネット
ペルシャ絨毯の色と染め

独特の天然染料によって生み出されたペルシャ絨毯の染色美

ペルシャ絨毯のもつ魅力のひとつとして、まず挙げられるのがその色彩の美しさです。古来、遊牧民族は、シルクロードの自然に生息する植物や昆虫などを使い、絨毯の比類なき味わいをもつ色に染め上げてきました。自然の恵みといえる数々の素材と、そこから抽出された天然染料によって表現された、空や水の青、樹木の緑、そして花の赤・・・。草原と砂漠という荒涼たる自然の中に暮らす遊牧民族にとって、これらの絨毯というキャンバスの上に表現された華麗な色彩美は、まさに心のオアシスと呼べるものだったに違いありません。現在では、すべての糸を天然染料で染めるケースは極めて稀ですが、高級なものになればなるほど、その割合が高くなることはいうまでもありません。

化学染料の発明が絨毯づくりにも変化をもたらした。

1856年、イギリスの化学者ウィリアム・ヘンリー・パーキン卿が抽出に成功した合成染料(アニリン染料)は、安価で染色も比較的簡単であったため、ペルシアの染色職人たちの間にも急速に普及しました。しかし、繊細な色が表現できない上、色も褪せやすいものであったため1890年代には、ペルシャ絨毯の質の低下を恐れた当時の君主ナシーナ・アッディン・シャーによって使用を全面的に禁止されました。もちろん現在用いられているクローム系の染料は品質も向上し、アニリン染料に比べ高価なものの、比較的色褪せもしにくくなっています。



色彩によって表現される、絨毯のもつ様々な意味

ペルシャ絨毯は、その文様とモチーフが、さまざまな意味をもっていることは広く知られています。そして、その華麗な色づかいにもまたさまざまな意味が込められているのです。これらは、各産地などによって微妙に異なってきますが、代表的な色とその色が持つ意味を簡単にご紹介しておきましょう。

【青】 天国の色とされ「真実」を意味するといわれています。
【赤】 「健康と喜び」を表します。
【ローズ・ピンク】 「神の英知」を意味します。
【オレンジ】 「信仰心」と「愛国心」を表す色と言われています。
【白】 「悲しみ」と「平穏」を表す色と言われています。
【緑】 予言者の上衣に使われる色で「不滅」を意味します。
もっといいインテリア探検
輸入家具-カントリー家具-クラシック家具-白家具-直輸入ソファー-和家具・民芸家具-ラタン・籐家具-アジアン家具
ペルシャ絨毯-国産シリーズ家具-ウイスキー樽家具-ガーデン家具-郵便ポスト-暖炉-輸入照明-有田焼-ロココ調家具
Copyright(C)2004 M.ITO All Rights Reserved
画像、イラスト、文章等の無断複製・使用・転載を禁じます。